Good night

ベビーベッドは種類いっぱい

出産準備をしているとベビーベッドは必要か悩むママはいませんか?ベビーベッドを置くスペースがない、大きくなったら不要になるんじゃないかなどと思うこともあるはず。例えば夫婦がベットではなく布団で寝ている場合などは添い寝や赤ちゃんも布団で布団で寝かせれば良いので必要ないかもしれませんね。
ですが、上の子小さかったり、夫婦がベットで寝ている場合などはベビーベッドがあると同じ高さで寝ることもでき、他の兄弟からの危険も防ぐことができておすすめです。昔のベビーベッドは木製で通常のサイズが120×70サイズで木製のものがほとんどでしたが、最近のベッドには様々な種類があります!
「スマートベビーベッド」90×60センチサイズと通常のベビーベッドよりも小さめで、新生児期~生後6か月くらいを目安に使用できるサイズになっています。ある程度大きくなったら添い寝を考えている方や、部屋のスペースが限られている家庭にお勧めのベビーベッドです!
「折り畳みベッド」木製の組み立て式のベッドとは違い折り畳みが可能なベッドなので旅行先、里帰りなどでも持ち運びが可能です。またベビーベッドを卒業したら収納や赤ちゃんの遊び場としても使うことができる人気商品です!その他にも「添い寝ができるタイプ」や「ハイタイプ」など、今のベビーベッドは種類が豊富です。ご家庭のスタイルに合わせてベビーベッドを選んで赤ちゃんと快適に過ごしましょう。

ベビーベッドはいつまで使えると思いますか?

赤ちゃんのために用意したベビーベッドですが、一体いつまで使えるのでしょうか?ベビーベッドの種類によりますが、一般的に使われているものは2歳ころまでのものが多いです。しかし2歳まで使っている方はどのくらいいるのでしょうか。
実際のところ、つかまり立ちをするようになるとベビーベッドの柵につかまってしまうので、危険を感じる親が多く1歳になる前に使わなくなってしまいます。また、寝ている時の子供の寝相の様子を見てベビーベッドだと狭く感じるという理由も多くあります。せっかく買ったベビーベッド…安い買い物ではありませんよね。できることならたくさん使いたいものです。では、使わなくなったベビーベッドの使い道を紹介します。一つは夜は添い寝をし、お昼寝の時だけベビーベッドを使うという使い道です。
お昼寝の時間は夜と比べ睡眠時間が短く、兄弟のいる家庭ではリビングへ移動させて使うことで、起こされる心配もなくなります。また、他にはおむつ替えの台として使えます。ベビーベッドの下にはたくさん収納するにも抜群のスペースがあります。その部分にオムツのストックや着替えなどを入れて使うと便利です。このように夜の睡眠時間以外にも使い道はあります。赤ちゃんに危険がないように、いろんな工夫をすることで長い期間使うことができますよ。

ベビーベッドをを買うかどうか

赤ちゃんが生まれるとなると色々な出産準備のためのアイテムが必要になってきます。この出産準備をするにあたって、ベビーベッドを買うかどうかを迷われる人も多いと思います。赤ちゃんが寝る時にベビーベッドが必要だから、買わないとと思いがちですが、ベビーベッドを購入せずに赤ちゃんを育児している方もたくさんいらっしゃいます。
ベビーベッドは安いものではありません。きちんとよく考えて、買うか買わないかを決めると良いのではないでしょうか。まずベビーベッドを買うメリットですが、やはり赤ちゃんを安全なところで寝かすことが出来るという点です。これはとても大きなメリットです。また、ベビーベッドの下にはオムツなど赤ちゃん用品を収納していくスペースがあります。赤ちゃんを育児するにあたって、本当に様々なアイテムが必要になり、収納場所に困ることがよくあります。
ベビーベッド自体はとても場所を取りますが、その下に収納場所が確保できるというのはとても嬉しい点です。逆にデメリットは、先ほどの件と関連しますが、置き場所にスペースが必要になってしまうということです。また、夜の授乳の際にベッドのそばに行って授乳しなければならず、お母さんは大変になってしまうこともあります。このようなことを考慮しながら、実際にベビーベッドを買うかどうかのシミュレーションをしてみると良いかもしれません。


ベビーベッドを用意するなら大和屋がおすすめです!ベビーベッドのみならず、赤ちゃんにとっての必需品を幅広く取り揃えているのでとても助かります。部屋のレイアウトや生活スタイルなどに合わせて選べるくらい種類は豊富なので、普段の生活がしやすくなるようなベビーベッドをお選びください。